NEWS

“京音 -KYOTO- vol.09″の開催が決定しました!

2017.12.13 wed at KYOTO MUSE

open 18:30 / start 19:00

 

入場無料

●入場には事前申込みが必要です!
●TICKETページからお申込みください。
●ご予約をキャンセルされます際には、TICKETページよりご連絡頂けますようお願いいたします。
●別途ドリンク代500yenが必要です。
●Tカードをお持ちの方は当日ご持参ください。ご来場時にTポイントをプレゼントさせて頂きます。
●お持ちでない方でも当日会場入り口でTカード発行ができます。

出演アーティスト:

Schroeder-Headz

CHAI

OUTATBERO

Suedollar Yankee

Masao Kigaki

 

 

KYOTO MUSE:

〒600-8006
京都市下京区四条通柳馬場西入ミューズ389京都
TEL:075-223-0389

 

出演アーティストProfile:


Schroeder-Headz
数多くの著名ミュージシャンのサポート・キーボーディストとして活躍する、渡辺シュンスケによるポスト・ジャズ・プロジェクト。
ピアノ、ベース、ドラムスによるアコースティック・トリオ・サウンドとプログラミングを融合させ、美しいメロディと有機的なグルーヴが印象的なピアノ・トリオの未来形とも言えるサウンドを紡ぎ出す。その名前の由来はアメリカのアニメ”PEANUTS”(日本名:スヌーピー)に登場するトイ・ピアノを弾くシュローダー君に依り、クラシック、ジャズ、ダンス・ミュージック、エレクトロなどに影響を受けたリリカルな男子の脳内イメージを表現している。
http://schroeder-headz.com/

 

 


CHAI
ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド』、それがCHAI。

誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、2016年の春以降、突然いろんな人が「CHAIヤバい」と韻を踏みながら口にし始め、ある日突然ノンプロモーションなのにSpotify UKチャートTOP50に代表曲『ぎゃらんぶー』が突如ランクイン! (※最高位36位)。

2017年SXSW出演と初の全米8都市ツアーも大成功におさめ、CHAIのヤバさがすべて詰め込まれた2nd EP「ほめごろシリーズ」をリリースするとiTunes AlternativeランキングではTOP10にランクイン。

10/25には期待値が最高潮の初のフルアルバム「PINK」をリリースし、11月からはなにをしでかすか全くわからない東名阪ワンマンを含む8都市のツアーも敢行!

その常軌を逸したライブパフォーマンスを観てしまった全バンドマンがアホらしくなってバンド解散ブームすら起こりかねないほど、彼女たちに触れた君の2017年度衝撃値ナンバーワンは間違いなく『NEOかわいいバンド』、CHAIだよ!
http://chai-band.com

 

 


OUTATBERO
東京、京都、大阪に住む5名からなるロック・バンド。
メンバーは鬼塚 基(vo,gt,key)、加藤 義章(gt)、松本 昴大郎(gt,key)、氏家 拓人(ba)、星 優太(ds)。
2010年から現在にかけてフルアルバム2作品、ミニアルバム1作品、7インチEP2作品、デジタルEPを1作品リリース。オルタナティブ・ロックを基軸とし、テクノ、エレクトロニカ、ベース・ミュージック等の要素が混在した音楽性が特色。2017年10月22日、3rdアルバム『Elements』を発表する。
https://www.outatbero.com/

 

 


Suedollar Yankee
2016年8月結成
わかっちゃいるけどやめられねえ。
音楽も遊びも、はたまた人生も、、
だるだるのロックンロールがあっても
いいじゃない。
https://twitter.com/suedollaryankee

 

 


Masao Kigaki

1993年兵庫県神戸市生まれ。バンド「Hitotonari」メンバー。
現在は都市の音に関心を持ち、二週間半の香港滞在で集めた音素材だけを用いて、
作品「Hong Kong (25/08–10/09/2017)」を制作中。
http://mkigaki.weebly.com/

 

TO PAGETOP

TO TOPPAGE