NEWS

「京音-KYOTO- 大阪編」が開催決定!!

2019.4.18 thu at 梅田 Shangri-La

open 19:00 / start 19:30

 
LIVE:
NABOWA
アナ
蔡忠浩(bonobos)

TICKET:
adv 3,500yen / door4,000yen
*別途ドリンク代が必要となります
*本公演は有料イベントです。下記プレイガイドにてチケットをご購入ください

一般販売:
チケットぴあ(https://t.pia.jp / 0570-02-9999 / Pコード:142-886)
ローソンチケット(http://l-tike.com / 0570-084-005 / Lコード:52810)
e+(https://eplus.jp/sf/detail/2856990001-P0030001)
2月15日(金)12:00より販売開始

梅田Shangri-La:
〒531-0075
大阪府大阪市北区大淀南1-1-14
Tel:06-6343-8601
http://www.shan-gri-la.jp/

出演アーティストProfile:

NABOWA
京都を拠点に活動している4人組インストゥルメンタル・バンド。現在までに5枚のアルバムをリリース。国内外大型フェスへの出演や、近年は、台湾3都市ツアー、香港ワンマンを行うなどライブアクトとしてアジアでも高い評価を獲得している。
Member| YU KAWAKAMI (drums | piano), KANADE KAGEYAMA (guitar), HIRAKU YAMAMOTO (violin), ITARU HORIKAWA (bass)
http://www.nabowa.com


アナ
福岡出身、現在は東京を拠点に活動する2人組。結成は2人が中学生の時、2005年にソニーミュージックからデビュー、2010年にSECOND ROYAL RECORDSに移籍。デビュー当時から変わらないセンチメンタルな日本語詞、2人の織りなすキャッチーで耳に残るメロディやギターフレーズを様々なフォーマットで作品にし、現在までに5枚のアルバムをリリース。2019年3月6日、待望の新作『時間旅行』をリリースする。
http://www.a-naweb.net/

 
蔡忠浩(bonobos)
1975 年産まれ、関西出身。bonobosのボーカル&ギターで作詞曲担当でもある。酸いも甘いも、多少包み隠しながら書く、人間味のある歌詞と、言葉にならない気持ちを音に変換させ、音楽を作り、奏でる。ここ数年はバンドやソロ活動の枠を越え、舞台の音楽監督や映像への音楽提供なども行う。
http://saichung-ho.com/
 

TO PAGETOP

TO TOPPAGE